栃木

甘鯛など

ルンバ

嫁われを娘と呼びし姑のごと在りたしと誓ふ子の婚の日に 沢田美代子 中世和歌集のカーボンを破る

待宵

重陽(高きに登る)

龍城公園胸濡らし秋の七草分けゆかむ 胸濡らし秋の七草分けゆくよ

トロッコ問題

東京荒川の氾濫を回避するために渡良瀬川付近で氾濫を起こさせたとされている。

蜩・桜紅葉

雷鳥や雲踏むごとき尾根の上 雷鳥や雲踏むごとき尾根の径

日光駅前

利かん気の子に訳を聞く氷水 かんしゃくの子に訳を聞く氷水

沖へ垂るる頭三月十一日 深くこうべ垂れ三月十一日 祈りたるこうべの深し初桜 祈り居る頭の深し初桜 祈り居る額の深し初桜 祈りたる影の深さよ初桜

凍蝶

冬蝶の歩む天地の冥さかな冬蝶のクレープのごと翅畳む 冬蝶のふるはす翅の雫かな 冬蝶のふるはす翅の翳深し 冬蝶のふるはす翅の翳深き 冬蝶のふるはす翅の厚さかな 夏蝶のふるはす翅の厚さかな 夏蝶のふるはす翅の勁さかな 冬蝶のふるはす翅の重さかな 冬蝶…

木の葉散る

林泉に日裏日表木の葉散る 林中を日裏日表木の葉散る 深空より日裏日表木の葉散る

銀杏散る

中曽根康弘元首相死去

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/191129/mca1911291448023-n1.htm ご冥福を祈ります。政策については、意見が割れようが、言葉で勝負する人であった。詩的には、牡鹿のような人。 暮れてなほ命のかぎり蟬しぐれ 首相と恋人は私が選ぶ 29日死去した中…

水底の玉さへさやに見つべくも照る月夜かも夜の更けゆけば 詠み人知らず(巻7・1082) 水底の玉照る二十三夜月 瀬を早みゐで越す波の音さやか 水霧らふ沖つ小島に風をいたみ舟寄せかねつ心は思へど 詠み人知らず(巻7/1401)

カミキリ虫

山あげ祭 宵宮

今週のお題「夏休み」

日光

霧込の杉の天衝く奥の宮 奥宮の天衝く杉や夏の霧 山霧や杉の天衝く奥の宮 夏雲や杉の天衝く奥の宮 夏霧や奥宮の杉天を衝き 奥宮の杉の天衝く夏の霧 夏霧や杉の天衝く奥宮 かんなびの杉の天衝く夏の霧 神奈備の杉の天衝く夏の霧 夏霧や神奈備の杉天を衝き神籬…

紙漉の豊かなる波寄せにけり 紙漉の豊かなる波産まれけり 紙漉の産れつぐ波返しけり 紙漉の豊かなる波均しけり 紙漉の産れつぐ波払ひけり 紙漉の豊かなる波払ひけり 紙漉のひかりの波の産れけり 紙漉の波にひかりの産れけり 紙漉の波のひかりを鎮めをり 紙漉…

湯ノ湖

石楠花や遠嶺の奥に遠嶺聳ち石楠花や碧譚に手を浸したる石楠花や木の根を踏めば瀬の早み 行く春の故山の奥の故山かな 葉桜や故山の奥に故山聳つ

足利フラワーパーク

木洩れ日や藤の散り敷く切戸口。 木洩れ日や藤の散りゆく山上湖 白藤に手触れて幹の音を聴く。 滴りに触れつ深山の響き聴く 滴りに触るや孤山の響き聴く 青蔦を引くや虚空の音を聴く 青蔦を引くや深山の響き聴く 青蔦を引けば深山の響あり 青蔦を引けば太虚…

春の虹

立山の影を毀ちて植田かな 。 立山の影毀ちたる植田かな 。立山に雲被きたる植田かな

荷風忌や墨堤に竹みづきつつ 坂の上の出窓光りぬ花ミモザ ポケットの硬貨触れ合ふ五月来ぬ 葉隠れの男体山女峰山ボート干す 葉隠れの日光連山ボート干す

青き踏む

踏青の吾子は小さき子を撫づる

子の脱ぎし帽子を攫ふ風光る 窓に置く帽子に風の光りけり 窓に置く帽子動くや南風 窓に置く帽子攫ひぬ青嵐 春一番吾子の帽子を攫ひゆく 春一番吾子の帽子を攫ひけり 。

春の霰

ひと雨のあとの囀り磨崖仏 ひと雨のあとの地靄や百千鳥

朧月

葭焼

大平 清水寺

水仙 海坂の日の水洗にあつまりぬ 地平より鐘わたり来ぬ水仙花 水仙に真日の高照る久女の忌 葛城に真日の高照る青畝の忌 水仙の野州曇りになだれけり 水仙のなだるる丘やとの曇り 水仙や野に幾筋の煙立つ をちこちに煙立つ野や水仙花 さきがけの蝋梅に日のあ…

那須

競売の札入るる音冴へ返る 凍雲や競売の札入るる音 凍雲や競売の札落つる音 冬深し競売の札入るる音 冬深し競売の札落つる音 しばれるや競売の札落つる音 悴むや競売の札入るる音 悴むや競売の札落つる音 冬晴や競売の札落つる音 霜晨や競売の札落つる音 競…