写真

みなとみらい

象の鼻

横浜公園

椿の実

日光を息深く吸ふ菊日和 日光を息深く吸ふ野菊かな 日光を息深く吸ふ紫苑かな 日光を深く吸ひたり愛の羽根 鵯や息深く吸ふ日の光 菱採るや息深く吸ふ日の光 無花果や息深く吸ふ日の光 稲刈や息深く吸ふ日の光 色鳥や息深く吸ふ日の光 体育の日なり日光深く吸…

甘鯛など

松茸

花圃

ルンバ

嫁われを娘と呼びし姑のごと在りたしと誓ふ子の婚の日に 沢田美代子 中世和歌集のカーボンを破る

名月

名月や子と歌ひゆく隅田川 名月や舟のぼりゆく梶の音

萩の下葉

待宵

朝顔

重陽(高きに登る)

龍城公園胸濡らし秋の七草分けゆかむ 胸濡らし秋の七草分けゆくよ

茄子の馬

蜩・桜紅葉

雷鳥や雲踏むごとき尾根の上 雷鳥や雲踏むごとき尾根の径

かぶと虫

マリーゴールド・木槿

白日に燃ゆる凌霄鬘かな 日輪に燃ゆる凌霄葛かな 陽光をとどめ凌霄蔓散る 白日をとどめ燃え立つ凌霄花 白日に炎立つ凌霄葛かな 白日の噴き出す凌霄葛かな くちあけて居るのうぜんのほむらかな 老川敏彦

日光駅前

夏野菜

胡桃割眉間に皺を集めけり 西瓜割眉間に皺を集めけり 両手もて先生を引く水着かな 諸手もて先生を引く水着かな 雲影のいくたび過る浮輪の子 玩具屋の前の号泣燕来る 交番の中の号泣燕来る 胎動の聞えるまでの銀河濃し 身籠れる妻に手を貸し蚊帳くぐる 蚊帳く…

トマト

柿干すや

柿干すや妻健やかに身籠りて

茄子の花・馬鈴薯の花・しし唐の花・蝶・蛙

茄子 馬鈴薯 ししとう 蝶 蛙

利かん気の子に訳を聞く氷水 かんしゃくの子に訳を聞く氷水

薄紅葵

「見えぬ眼の子犬の乳呑む立夏かな見えぬ眼の仔犬乳呑む立夏かな」

芍薬

ダリア・日日草・アマリリス・ジャーマンアイリス

花びらを敷き詰め潦乾く 沼尾将之水に味あること春の嵐止み 同上

紫雲英

げんげ野に吾子を転がす日の高さ げんげ野の吾子とでんぐり返しかな

ラナンキュラス・アネモネ・シーラ・石楠花