『花伝』第七 別紙口伝 世阿弥

めづらしきといへばとて、世になき風体をし出だすにてはあるべからず。