川本皓嗣 『俳諧の詩学』

「うつり・ひびき・にほひ・位」そして「走り」などは、余情の共通性を求めるものである。