『俳諧の詩学』川本皓嗣

「軽み」とは、かすかに「本意」を匂わせながら、その重苦しい規範性と観念性を脱することではないか