川本皓嗣『俳諧の詩学』

すべて文学作品には、いろんな解釈がありうるだろう。そこが文学の値打ちだよ。