引鶴のこゑ透くまでに翔りける

初荷より溢るる色を解きにけり

遺言を執し春愁にはかなり

遺言を開き春愁にはかなり
尋問を了へて春愁にはかなり

相槌を打てば春愁にはかなり

晩夏なり厚き鼻梁を吾子も持つ

晩夏なり厚き鼻翼を吾子も持つ

晩夏なり高き鼻梁を鷹も持つ

晩夏なり高き鼻梁を吾子も持つ

春深し高き鼻梁を吾子も持つ

蒲公英や高き鼻梁を吾子も持つ

晩夏なり太き鼻梁を吾子も持つ

冬深し太き鼻梁を吾子も持つ