古暦丸めて吾子と叩き合ふ

外套を濡らす夜霧や漱石忌

羅臼嶺の日暮れて蒼し氷下魚

雪の上に雪降るのみの池塘かな

雪の上に雪降るのみの故国かな

雪の上に雪降るのみの荒野かな