蘆辺より満ち来る潮のいや増しに思へか君が忘れかねつる 山口女王(巻4/617)

葦原のあたりを満ちて来る潮のように、君を思う気持ちがひたひたと心の底に募るせいか、あのお方のことが忘れようにも忘れられない

葦原を満ち来る潮や夏旺ん