みもろの 神なび山に 五百枝(いほへ)さし 繁(しじ)に生ひたる 栂の木の

いや継ぎ継ぎに 玉葛(たまかずら) 絶ゆることなく ありつつも やまず通はむ

明日香の 古き都は 山高み 川とほしろし 春の日は 山し見が欲し 秋の夜は 川しさやけし 朝雲に 鶴(たづ)は乱れ 夕霧に かはづは騒く 見るごとに 音のみし泣かゆ いにしへ思へば 山部赤人(巻3/324)

明日香川川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき恋にあらなくに 山部赤人(巻3・325)

神の来臨する神なび山にたくさんの枝をさしのべて盛んに生い茂っている栂の木、その名のようにいよいよ次々と、玉鬘のように絶えることなく、こうしてずっといつもいつも通いたいと思う明日香の古い都は、山が高く川が雄大である。春の日はいつも山を見つめていたい、秋の夜は川の音が澄み切っている。朝雲に鶴は乱れ飛び、夕霧に河鹿は鳴き騒いでいる。ああ見るたびにこえに出して泣けてくる。栄えいましたいにしへのことを思うと。

明日香川の川淀を離れずにいつも立ちこめている霧、なかなか消え去らぬその霧と同じく、すぐに消えてしまうようなちっとやそっとの思いではないのだ。我らの慕情は。

川淀に立つぬばたまの夜霧かな

連嶺に暁雲高し鶴のこゑ

神南備に暁雲高し鶴のこゑ

朝雲の高き連嶺鶴啼けり