橘の蔭踏む道の八叉に物をぞ思ふ妹に逢はずして 三方沙弥(巻2/125)

 橘の木蔭踏みゆく去来の忌

橘の木蔭踏みゆく西鶴

橘の木蔭踏みゆく宗祇の忌