熊本城

城壁の地震に崩るるそぞろ寒

城壁に楠の木の影水澄めり

城跡に大樹の影や十三夜

蒼白き大樹の影や十三夜

蒼白き大樹の影や風の盆

蒼白き大樹の影よ風の盆

蒼白き大樹の影の踊かな

夕蒼き大樹の影の踊かな

蒼白き大樹の影の踊唄

蒼白き大樹の影や踊唄

蒼白き大樹の影の村芝居

蒼白大樹の影や盆燈籠

蒼白き常磐の影苧殻焚く

蒼白き神木の影苧殻焚く 

蒼白き大樹の影や流燈会

蒼白き大樹の影や大文字

城跡に大樹の影や夢二の忌

城石の影の重なる後の月

噴煙をふたわけざまに秋の虹

火の山に欠片を残す秋の虹
f:id:inamorato:20190913113407j:image
f:id:inamorato:20190913113412j:image
f:id:inamorato:20190913113415j:image

弓弦葉を鳴きわたりゆく懸巣かな
f:id:inamorato:20190913204509j:image


f:id:inamorato:20190913113400j:image

f:id:inamorato:20190913113354j:image

行く水の樹の下隠れ藤袴

行く水の樹の下隠れ吾亦紅

行く水の樹の下隠れ懸巣啼く