賀茂真淵 万葉考

古の歌は言には風流なるもの多かれど、心はたた打見打思ふがままにこそ詠めれ