サムエル・ウルマン 青春の詩

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、たくましい意思、豊かな創造力、炎える情熱をさす。青春とは人生の深い泉の清新さをいう。青春とはきょうだを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心を意味する。ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。年を重ねただけでは人は老いない。理想を失う時に初めて老いる。歳月は皮膚に皺を増すが、熱情を失えば心は萎む。(中略)人から、神から、美、希望、喜悦、勇気、力の霊感を得る限り、君は若い。(中略)20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り八十歳であろうと人は青春にして已む・