春郎忌

春郎の忌蒼龍淵に潜みけり

蒼龍の淵に潜みつ春郎の忌

蒼龍の淵やすらかに潜みけり

春郎忌の蒼龍淵に潜むなり

春郎の忌蒼龍淵に潜みをり

春郎忌の蒼龍淵に潜みたり

春郎忌や蒼龍淵に潜みつつ

月明に炎立つ銀杏の散りにけり

春郎忌の白炎として銀杏散る

春郎忌や白炎として銀杏散る

春郎の忌白炎として銀杏散る

春郎忌の夜は白炎の銀杏散る

蛇笏忌の夜は白炎の銀杏散る

月明に白炎として銀杏散る

月に散る銀杏炎立つや春郎の忌

月明に炎立つ銀杏や春郎の忌

弓張月白炎として銀杏散る