蒼穹のあを窮まれば草矢打つ 

さくらんぼ子に食べさせて母若し 星野立子

妻の手のバナナこそ口大きけれ 

子の開く口に木苺落としけり

 道化師の化粧を落とす若葉寒