子の包む手より飛び出すてんと虫

梅雨晴の月高くなり浴(ゆあ)みしぬ 石橋秀野

夕焼くる子らにやさしきことを言ふ 三谷昭

子を呼びに来し子の声も油照り 飯田龍太

樹の上に子がゐて地上大旱 能村登四郞

片蔭へ子を入れ若き母が入る 川崎展宏

雪解富士夜も影なすに湯浴みをり 野澤節子