ショーペンハウアー

誰もが自分の視野の限界を世界の視野の限界だと思っている。