マルクス・アウレリウス 自省録 第十二巻 十七 

適切でなければ為すな。真実でなければ言うな。なぜなら、おまえの意欲は安定したものであるべきだからである。