マルクス・アウレリウス 自省録 第四巻 七

私は害されたという思いを取り除けよ。さすれば害そのものが消えるだろう。