マルクス・アウレリウス 自省録 一8

自由自主、賽の目の偶然にことを委ねることなき確固たる心を。
同一人が、心激してあるとともに心穏やかに寛ぐこともありうることを。