マルクス・アウレリウス 自省録 一6

直言に耐えてそれを受容すること。