マルクス・アウレリウス 自省録 一5

労苦に耐え、乏しきをもって足れりとする心。自分の仕事は自分の手を煩わして行う心構えを。