ヴィトゲンシュタイン

 

 1 世界は起こっていることの総体である。

 2 起こっていること、すなわち事実とは、事態(事柄)が成立するということである。

 3 事実の論理的像が思考である。

 4 思考とは意味を持つ命題である。

 5 命題は要素命題の真理関数である。

 6 真理関数の一般的な形式は、〔 p,ξ , N(ξ)〕 である。

 7 語りえないことについては、沈黙しなければならない。