年越・大旦。

!鴫下りて渚のいろの鳥となる
f:id:inamorato:20190101141132j:plain

!芝に寝て雲みる天皇誕生日
!肩車して軒菖蒲子に葺かす
手繋ぎて一歩踏み出す春着の子
f:id:inamorato:20190101141145j:plain

葉隠れの甲斐駒あはし葡萄摘
葉隠れの男体山やボート干す
f:id:inamorato:20190101142408j:plain

!寝袋の父に掛け足すわが毛布
寝静まる吾子にかぶせる衾かな
夜半を泣く吾子に添ひ寄る衾かな

f:id:inamorato:20190101141200j:plain

!流れつつ女雛が仰ぐ峽の空

f:id:inamorato:20190101141226j:plain

!夜半灯す喪の家寒柝打たず過ぐ
!粥食の末の子のけふなづな粥
 朝粥の吾子笑まふ
 子の碗の小町鼠や薺粥
 濃藍の子の碗や十五日粥
 濃藍の吾子の碗十五日粥
 さみどりの吾子の茶碗や粥柱
 濃藍の吾子の茶碗や粥柱
!子の描きし鬼面被りて遣らはるる
!朝はひかり夜は月讃へ咲く辛夷
!月暗く村をいく重の遠畦火


f:id:inamorato:20190101141238j:plain

!草虱つけきて遠出隠す子よ
ねこじゃらしもて吾子の首筋くすぐりぬ
ねこじゃらしもて吾子の喉首くすぐりぬ
ねこじゃらしもて吾子の蹠をくすぐりぬ
子の首を洗えば逃ぐる初湯かな
子の蹠洗えば逃ぐる初湯かな
首筋を洗へば逃ぐる初湯の子
くすぐれる吾子の首筋今朝の春
くすぐれる吾子の首筋年新た
くすぐれる吾子の首筋日向ぼこ
うしろより吾子追ひて這ふ初笑
うしろより吾子追ひて這ふ小正月
うしろより吾子追ひ這ふや榾明り
後ろより吾子追ひて這ふ榾明り
f:id:inamorato:20190101141256j:plain

!みづうみの未明のひかり朴咲けり
!瀬音いづこより水無月の山毛欅林
いづこより闇の満ち来る虎鶫
妙義嶺の闇満ち来る虎鶫
いづこより夜鷹のこゑや山毛欅林
!呼び合はす真闇の奥の虎鶫


f:id:inamorato:20190101141256j:plain



f:id:inamorato:20190101141336j:plain



f:id:inamorato:20190101141345j:plain



f:id:inamorato:20190101141355j:plain



f:id:inamorato:20190101141403j:plain



f:id:inamorato:20190101141410j:plain



f:id:inamorato:20190101141414j:plain



f:id:inamorato:20190101141419j:plain



f:id:inamorato:20190101141423j:plain

年越し