葉擦れより静かなものに赤蜻蛉
瞑りて確む葉擦れ秋あかね
瞑りて葉擦れの音や雁の棹
二百十日遠き葉擦れに耳留むる
葉擦れにも数といふもの野分だつ
葉擦れにも音の違ひよ野分たつ
葉騒より野分の雲の湧きにけり
瞑りて遠の葉擦れや原爆忌