読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無罪 第2稿 春分

俳句

胸迫る声の電話や寒昴

枯菊や家族の手より離さるる

ゆつくりと始まる話冬雲雀

孤児なりきとふ告白の冷たさよ

令状の印字滲めり多喜二の忌

罪問はれ依頼者自宅売れり冬

頷きて無音の檻や日脚伸ぶ

霾や口閉ざしたる捜査官

少年の泣き崩れけり初桜

囚徒髪短く揃ふ受難節

亀鳴くや出獄いつと尋ねられ

見遣る眼に深き光や花楓

抗告書仕上げ憲法記念の日

街角に聴き込みに立つ若葉風

封蝋の起訴状届く男梅

土用芽やアリバイを訊く裁判所

六法に探す一節不死男の忌

黒百合や故なきことを責められて

炎熱や被疑者アクリル板叩き

螻蛄鳴くや誰も信じぬてふ言葉

法廷に塵一つなし白木槿

身に入むや囚衣の裾の黒釦

十六夜や人を裁くも人ながら

問答の先の先読む夜長かな

言ひ淀む答疑ふ鵙日和*1

今朝冬の息吸ひて異議唱へけり

証人に言ひ逃れらる神の留守

烈日に求刑重し霜柱

無罪獲りけり侘助の一花愛づ

 

 

初商追突事故の悔聞けり

相談に応ふる辛夷月夜かな

聴き入りし懺悔ひとつや春霰

白木蓮や記者の駆け来る裁判所

春闘の労組といふも二三人

メーデーの旗紺青の天(天上の紺)突きぬ

契約書仕上げ憲法記念の日

時の日や尋問長き裁判所

荒梅雨や他人の遺書を預かりて

向日葵や

罪人に罵られたり菱の花

獄卒と労り合ふよ不死男の忌

少年の訴訟指揮待つ夏期講座

秋燕忌長子麻薬を止めざりき

遺言書く手の震へけり

訟廷日誌果つ

闇金の電話切りけり

検察の

 

*1:桐は実に