蛇笏忌の甲斐は一山づつ暮るる
虚子の忌の花は一片づつ暮れぬ