出自を知る権利

多くのひとには関係なくてもしっかり制度として整備されていくべき。
例えば、離婚などで生き別れになった子が、将来望むのであれば、道は残しておかなければ。それはその子の幸福のために必要だ。自分のルーツを知ることは自分を知ることだ。何者も過去なしには生きられないのだから。