彼氏彼女の事情 津田雅美 はなとゆめ

個人的に、少女漫画史上最大のヒット!

最初の数巻は、月刊少女野崎くんが描きそうな、少女漫画少女漫画した展開だけど、そのあとはむっちゃ引き込まれる。
スピンオフもたのしいし。雪野編は陽な感じがもちろんいい。

が、13巻からのありま編が白眉。短調の壊れやすい調べという感じ。
存在することだけで、誰かを傷つけることを知って大人になるんだよなー。難しいことをいえば実存ってやつだよね。
それを知ってどうするかは問題で、カフカなら、なにもしないでただ異郷の人であることに解決を求めるんだ。
これに対して、ありまが異邦人であろうとすろのを、カレカノでは、雪野という存在が外から救済してくれる。あるいみで、ここが甘い。が、ここがよい。
シェークスピアの悲喜劇の大円団を見る気分だ。