・冬三日月影は唇刺しにけり

・流し目の 波を湛へり 鍋乙女

・傍題に 遊びにけりな 淑気満つ

・多作多捨 捨つべき句にも 春の泥