朧豆腐  久保田万太郎に捧ぐ

・春の灯や 朧豆腐に 果て尋ぬ