名言

『武士道』 新渡戸稲造

平静は、勇気の静止的なあり様である。勇敢な心が精神に定着すると、平静ー心の落ち着きとなつてあらわれる。 本当に勇敢な人は、常に平静である。私たちはこれを「余裕」と呼ぶ

椿寿夫

怒りは時効で消滅しない

和紙の美 柳宗悦

想へば単純な材料に過ぎない。それなのに眺めてゐて惹きつけられる。手漉きの和紙はいつだとて魅力に満ちる。私はそれを見つめ、それに手を触れ、言ひ難い満足を覚える。美しければ美しいほど、かりそめには使ひ難い。余ほどの名筆ででもなくば、紙を穢すこ…

『花伝』第七 別紙口伝 世阿弥

めづらしきといへばとて、世になき風体をし出だすにてはあるべからず。

『花伝』世阿弥 第六 花修

危からぬは強きなり。

岡倉天心『茶の本』

何ものかを表さずに置くところに、見る者はその考えを完成する機会を与えられる。かようにして大傑作は人の心を強く惹き付けてついには人が実際にその作品の一部分となるように思われる。 *1 *1:俳句が十七字で人の心を打ちうるのはこうした理由によると考え…

岡倉天心 『茶の本』

喜びにも悲しみにも、花はわれらの不断の友である

アルベルト・カミュ『ペスト』

絶望に慣れることは絶望そのものよりも危うい

『風姿花伝』 第二 物学(ものまね)条々 世阿弥

序 物まねの品々、筆に尽くしがたし。さりながら、この道の肝要なれば、その品々を、いかにもいかにもたしなむべし。およそ、何事をも残さず、よく似せんが本意なり。しかれども、また事によりて、濃き薄きを知るべし。 ・・・ 花鳥風月の事わざ、いかにもい…

寺田寅彦

ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。

世阿弥『風姿花伝』序

古きを学び、新しきを賞する中にも、まつたく風流をよこしまにすることなかれ。ただ言葉卑しからずして、姿幽玄ならんを、うけたる達人とは申すべきをや。

親鸞 『歎異抄』第5条

親鸞は父母のために一度も念仏したことはない。全ての心あるものは、この生命の繰り返しの中で親であり、兄弟であるから。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也 『奥の細道』冒頭

旅の本質は変化そのものにある。 *1 舟の上に生涯をうかべ、馬の口をとらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖とす 一所不住の境界それ自体が、比喩的に不動の「栖」となる。鮮やかな逆説。 世界の実相そのものが旅、つまり変化なのだ。 *1:この人生…

『俳諧の詩学』川本皓嗣

「軽み」とは、かすかに「本意」を匂わせながら、その重苦しい規範性と観念性を脱することではないか

川本皓嗣『俳諧の詩学』

すべて文学作品には、いろんな解釈がありうるだろう。そこが文学の値打ちだよ。

断定とは感動の重さである(山本健吉)*1。 *1:感動から物へ、物から核心へである.

現実は断片で在り、作品は完結した世界である。*1 *1:どのようにキャンバスに切り取るかが大事である

菜根譚前集第50集

治世に処りては宜しく方(四角)なるべく、乱世に処りては宜しく円なるべく、叔季(末世)に処りては当に方円並び用うべし

「俳句は切字ということーむしろ『切』の問題を」(「国文学」1976年2月号)

古典主義とは本来精神の継承を意図するもので、形式の踏襲に執するものではない。(西垣脩)*1 *1:古典が好きだが、よくよく気をつけなければなるまい

中曽根康弘元首相死去

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/191129/mca1911291448023-n1.htm ご冥福を祈ります。政策については、意見が割れようが、言葉で勝負する人であった。詩的には、牡鹿のような人。 暮れてなほ命のかぎり蟬しぐれ 首相と恋人は私が選ぶ 29日死去した中…

エジソン: 私は失敗したんじゃない、うまくいかない方法を一万通り発見したんだ 菜根譚前集第42条: 彼富(ふ)ならば我仁、彼爵ならば我義

万葉集 巻第五 令和

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の紛を披く、蘭は珮後の香を薫らす。しかのみにあらず、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて絹傘を傾く、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封ぢらえて林に迷ふ。庭には舞う新蝶あり、空には帰る故雁あり。 折しも、…

賀茂真淵 万葉考

古の歌は言には風流なるもの多かれど、心はたた打見打思ふがままにこそ詠めれ

菜根譚前集159条

人を信ずる者は、人未だ必ずしも尽くは誠ならざるも、己は則ち独り誠なり *1 *1:人を信用する者は、相手がすべて誠実である都は限らないが、少なくとも自分だけは誠実であるといえる

最澄

一隅を照らす、これ即ち国宝なり

ホッファー

他者への没頭は、それが支援であれ、妨害であれ、愛情であれ、憎悪であれ、つまるところ自分から逃げる手段である

『論語』

子曰く「徳の修まらざる、学の講せざる、義を聞きて徒るあたはざる、不善を改むるあたはざる、これ吾が憂ひなり」 『論語』述而篇 孔子は言った「德が身についていないのではないか。学問を怠りはしなかったか。正しいことと知りながら実行しなかったのでは…

菜根譚 前集 第52条

恩を施す者は、内に己を見ず、外に人を見ざれば、 即ち斗栗も万鈔の恵みに当たるべし *1 *1:見返りを期待してはならない

安井曽太郎

自画像 焼岳 形を具(そな)えて、さかえゆく生命(いのち)は、時にも、力にも、砕かれはしない。 ゲーテ

私の好きなフリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェの言葉たち

重大なのは永遠の生ではない,永遠に溌剌たる生気だ 『善悪の彼岸』 狂気は個人にあっては稀有である。しかし、集団・党派・民族・時代にあっては通例である 人間は未確定の動物である。人間が猿から由来したというには、猿はあまりにも善良である。 『ツア…