俳句

草千里

噴煙の夜々太りゆく青野かな 汀女忌の夜の噴煙の聳へ立つ 噴煙の夜を太りゆく隆盛忌 わが里に初雪降れり子の熟睡新涼の風を容れたる塩むすび登高や風を入れたる塩むすび

大観峰

阿蘇

噴煙の雲となりゆく隆盛忌 噴煙の雲となりけり隆盛忌 噴煙の雲となりける野菊かな 噴煙の雲となりけりきりぎりす 火の国の火の山かけて鶴渡る 火の国の火の山かけて夕鶲

熊本城

弓弦葉を鳴きわたりゆく懸巣かな 行く水の樹の下隠れ藤袴 行く水の樹の下隠れ吾亦紅 行く水の樹の下隠れ懸巣啼く

牧水忌白雲夜も流れつつ

頬伝ふ少女の汗や谷崎忌 頬伝ふ少女の汗や加茂祭

カミキリ虫

頬伝ふ少女の汗の匂ふなり

柿本人麻呂

手に享くるさざなみ明り人麻呂忌 掌のさざなみ明り人麻呂忌 掌にさざなみ明り人麻呂忌 さざなみに行き逢ふばかり人麻呂忌

海坂の雲の波生む雁渡し 研ぎ上ぐる鎌や勤労感謝の日 海坂の雲の波生む葉月かな 海坂の雲の波生む紫苑かな 海坂の雲の波生む稲の花 海坂の波呼ぶ雲やピラカンサ

暁雲にこゑ落しゆく渡り鳥 初雁の暁雲にこゑ落しゆく 渡り鳥暁雲にこゑ落しゆく

初秋の少女の胸の固さかな 新涼の少女の胸の固さかな

砂丘

放哉忌砂丘の月を上げにけり 渡り鳥砂丘に月の上りけり 初潮や砂丘に月の上がりつつ

花圃(撫子

綱引のひとこゑ空を絞りつつ 綱引の一声空を絞りけり 綱引の一声に空絞りけり 綱引の一息に空絞りけり 綱引の一声空に迫りけり 綱引のひとこゑに空引き寄せつ

露草やみづうみ白き雲ばかり 沖雲の流るるばかり牧水忌 八千草や海になだるる径ばかり 牧水忌夜雲流るるばかりなり 露草や風に生まるる雲ばかり 初雁や雲に近づく波ばかり 初雁や雲に近寄る波ばかり 初雁や雲に生まるる波ばかり

弓音の新涼の風生みにけり 弓音の秋立つ風を生みにけり 弓引くと新涼の風生れけり

豊年や日は清流を沈め置き 豊年や野は清流を沈め置き 豊年や野の清流の日を湛ふ 豊年や清流は日を沈めゆく 豊年や清流の日を沈めゆく

海中を日の翳りゆく掛煙草

みづうみに雨降る後の更衣 みづうみに雨やむ後の更衣 みづうみの雨やむ後の更衣 みづいろの雨降る後の更衣 みづいろの雨降る簾名残かな みづいろの雨降る風炉の名残かな

梧桐に寄り添ふ沙羅の花明り今宵見るものみな美しき 綱引の一声に空引き寄せぬ 綱引の一息に空引き寄せぬ

一息に綱引の空引き寄せぬ 十勝嶺の日暮れて蒼し氷下魚釣

新豆腐

水の香の奔る新蕎麦洗ひけり 水の香の奔りて洗ふ新豆腐 水の香のさばしる蘆を刈りにけり 新蕎麦を切るや水の香匂ひ立ち 新豆腐切るや水の香立ち上がる 刃先より水のさばしる新豆腐 刃先より水の香奔る新豆腐 替りたる御代になじまず濁り酒

合はさむと手に吐く息の白さかな灯火送るみちのくの海 月つつむ雲明るしや盂蘭盆会 月包む雲明るしや茄子の馬 月包む雲明るしや魂祭

北原白秋 桐の花・聴けよ妻ふるもののあり 

短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である、古い悲哀時代のセンチメントの精エツキスである。古いけれども棄てがたい、その完成した美くしい形は東洋人の二千年来の悲哀のさまざまな追憶おもひでに依てたとへがたない悲しい光沢をつけられてゐる。その面には玉虫…

神籬の杉靄ひ立つ鹿火屋かな まなうらの一燈迅し流燈会 見守りゆく一燈淡し流燈会 一燈の淡き燈籠流しかな 合はさむと手に吐く息の白さかな海坂かけて淡き灯火 合はさむと手に吐く息の白さかな瀬戸内かけて淡き灯火 合はさむと手に吐く息の白さかな和田岬か…

烏賊釣火

海坂の闇あたらしや烏賊釣火

燈籠流し

まなうらに残す燈籠流しかな まなうらに一燈残す流燈会 まなうらの淡き燈籠流しかな まなうらに淡き燈籠流しかな まなうらを淡き燈籠流しかな。 まなうらの蒼き燈籠流しかな

盂蘭盆会

送り火を消すや横たふ真の闇 突堤を越ゆる燈籠流しかな 堰堤を越ゆる一燈流燈会 川波に消ゆる燈籠流しかな 長堤を消ゆる燈籠流しかな 海坂を越ゆる灯籠流しかな まなうらの一燈淡き流燈会

初盆

立山の影容れて焚く門火かな 立山の影容れ門火焚きにけり 迎火のかぐろき山河照らしをり 合掌の手に吐く息の白さかな 合掌の諸手に白き息を吐く。 海坂に合はす掌盆の月

左義長

どんど焼こゑもて火の秀熾しけり