2019-06-07から1日間の記事一覧

夜の宮島 その2

鹿の眼の波映しをり春の闇 弥山より闇覆ひ来る梅雨入かな 弥山より闇包み来る梅雨入かな 対岸の弥山滴る闇夜かな 落し角閻魔の闇に蠢きぬ 朧夜や先立つ鹿に導かれ 鹿の子や月に潮干く大鳥居 鹿の子やしほひに見えぬ沖の石鳥居より月の潮干く袋角 鳥居より夜…

夜の宮島

袋角わたなかを日の翳りゆく 夏の蝶わたなかを日の翳りゆく 蚊喰鳥わたなかを日の翳りゆく 青蛙わたなかを日の翳りゆく 浜豌豆わたなかを日の翳りゆく 花魁草わたなかを日の翳りゆく わたなかを日の翳りゆく蚊喰鳥 海中を日の翳りゆく蚊喰鳥 海中を日の翳り…

サムエル・ウルマン 青春の詩

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。薔薇の面差し、紅の唇、しなやかな肢体ではなく、たくましい意思、豊かな創造力、炎える情熱をさす。青春とは人生の深い泉の清新さをいう。青春とはきょうだを退ける勇気、安易を振り捨てる冒険心を意味…

遠江わたなかを日の翳りゆく 遠江わたなかを日の沈みゆく 菓子買ひに子の手引きゆく緑夜かな