2019-06-04から1日間の記事一覧

『論語』

子曰く「徳の修まらざる、学の講せざる、義を聞きて徒るあたはざる、不善を改むるあたはざる、これ吾が憂ひなり」 『論語』述而篇 孔子は言った「德が身についていないのではないか。学問を怠りはしなかったか。正しいことと知りながら実行しなかったのでは…

菜根譚 前集 第52条

恩を施す者は、内に己を見ず、外に人を見ざれば、 即ち斗栗も万鈔の恵みに当たるべし *1 *1:見返りを期待してはならない

たたかひのいろにカンナの燃え立ちぬ いにしへの戦のごとくカンナ燃ゆ。 いにしへの戦のいろにカンナ燃ゆ。 いにしへの戦火を蔵すカンナかな。