2017-05-16から1日間の記事一覧

明日も生きてゐる感じ 春

2017年3月文學の森 『明日も生きてゐる感じ』は中村國司(1949 - )の第1句集。跋:白岩敏秀。 作者は「白魚火」同人。 春 料峭や寄れば薄荷の匂ふ唇 日野草城調。私は好きだが、好みが分かれそう。 蒼穹を岳をななめに燕来る わたしなら「来ぬ」で切る。描…

夏の月父の鉛筆削りけり 長く鋭く鉛筆削る日永かな