大試験

不揃ひの鉛筆並べ*1大試験 鉛筆の長さ短さ大試験 傷のある鉛筆握る大試験 大試験鉛筆握りしめにけり *1:並ぶ、置ける

夢殿

夢殿の扉の開くより草雲雀 草雲雀夢殿の扉の放たれつ

夕顔・青葉松虫

心あてにそれかとぞ見る白露の光そへたる夕顔の花(源氏物語・夕顔)

興福寺仏頭

仏頭の鼻筋高し雁渡し 仏頭の高き鼻筋秋気満つ 仏頭の鼻筋高し秋はじめ 仏頭の鼻筋高し涼新た 仏頭の鼻筋高し今朝の秋 仏頭の高き鼻筋涼新た

十六夜

名月

秋風に棚引く雲の絶え間よりもれいづる月のかげのさやけさ 藤原顕輔*1 *1:左京大夫顕輔

待宵

お萩

上弦

三日月

三日月や妻の床臥す奥座敷

松茸

松茸といふ香りまで火を入るる 松茸といふ香立つまで火を入るる 松茸といふ香立つまで火を入れむ 松茸となる香りまで火を入るる 松茸の火の入りしより香り立つ

春日大社・東大寺・興福寺

春日大社 参道の先行く鹿や春日山 参道に歩む牡鹿や春日山 暁光や木漏れ日歩む鹿のこゑ 暁雲やひだまり歩む鹿のこゑ 鹿のこゑ鳥居より日の傾きぬ 神奈備の鹿の死にゆく重さかな 小牡鹿に顧るものなかりけり 鹿の子の立ち上がりたる夜明かな 嵐去る峰や牡鹿の…

法隆寺・中宮寺・唐招提寺・薬師寺・秋篠寺・平城京址

法輪寺 子規の忌の平癒祈願や法輪寺 法隆寺円柱に膨らみのある初紅葉 斑鳩の夜の虫すだく獺祭忌 子規の忌の夜は斑鳩の虫すだく中宮寺 半跏仏御頬に春の光あり 秋暁や御頬の黒き半跏仏 初秋や御頬あかるき半跏仏 初秋や御頬ふつくら半跏仏 初秋や御頬ふくよか…

室生寺・長谷寺・飛鳥

室生寺 雨垂れの打つもみじ葉の初紅葉 比丘尼らの祈る石楠花月夜かな 有明の月さす女人高野かな 龍淵に潜める女人高野かな 黎明の霜降る女人高野かな 鹿啼くや手を牽きてゆく奥の院 きざはしに牽く小さき手や伝教会 手を牽きて高き室生に登りけり長谷寺 こも…

秋刀魚

荷台より顔出す豚の秋暑かな 出荷待つ豚の瞳や曼珠沙華 パラソルをさしたる母の耕運機 日傘より顔出す母の稲刈機 日傘より母の顔出すコンバイン

不器男忌の雨後のパセリの碧さかな

秋夕焼・鰯雲・宵闇

雲表を真紅に焦がす秋夕焼 豊旗雲焦がす秋日の没りにけり 豊旗の雲間を焦がす夕焼かな 浮雲のたまゆら燃ゆる秋夕焼 絹雲の一襞づつの秋夕焼 秋没日豊旗雲を焦がしつつ 紅鶸に雲間を分かつ秋夕焼 雲表のまにまに燃ゆる秋夕焼 薄雲の襞の朱華や春夕焼 絹雲の朱…

新米

新米の指より零れ落ちにけり 今年米指の合間を零れけり 掬ひ上ぐる新米指を零れけり 掌の新米にある重さかな 掌の隙間零るる今年米 今年米享くる諸手に溢れけり 今年米享くる両手を零れけり

立待月

破産者に督促来る無月かな 破産者に訴状の届く雨月かな

宅地造成 定義 語呂合わせ

人気ある井守同時に面子せり2m切土 1m盛土 切り土盛土同時に面積500平米

空蝉・待宵

鉄幹の空蝉掴む虚空かな 鉄幹の空蝉仰ぐ虚空かな 蜘蛛の子の掴む虚空の重さかな 蓑虫の糸に虚空の重さあり 禿鷲の掴む虚空の重さかな 秋蝶の掴む虚空の重みかな 夏蝶の虚空を掴む力かな 刑務所の少年に出す夏見舞 海原を描き少年へ夏見舞 海原を描き受刑者へ…

山吹の零るる瀬へと手を浸す

小舟漕ぐ舵の音あり避暑の宿 小舟漕ぐ舵の音遠き朝寝かな

住の江の葦辺や千鳥羽ぐくもる 暝れる鶴に羽ぐくむ卵あり 抱卵の鶴羽ぐくもる池塘かな 丹頂の雛羽ぐくもる湿地かな

葦辺行く鴨の羽がひや大覚寺 草香江の葦辺の鴨の羽がひかな

巻11・2453 万葉集

春柳葛城山に雲立ちぬ*1 *1:立ちても居ても妹をし思ほゆ 作者不明

平賀源内が相談を受け、鰻を食べれば夏バテしないと喧伝したとの説について

真偽は定かではないが、根拠がないわけではない。博識な平賀源内がこの辺から持ってきたのであろう。 石麻呂に我物申す夏痩せに良しといふものそ鰻捕り喫せ 万葉集16・3853 大伴家持

万葉集・枕詞

葦辺行く鴨の羽がひに霜降りて寒き夕(ゆふべ)は大和し思ほゆ 志貴皇子*1 夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものそ 大伴坂上郎女 *2 冬ごもり春の大野を焼く人は焼き足らねかも我が心焼く 作者不明 *3 武庫の浦の入江*4の渚鳥*5羽ぐくもる君…