かたことの背に隠れゐる御慶かな

一声に綱引の空引き寄せぬ

一斉に綱引の空引き寄せぬ

夏雲や吾子の乗り出す三輪車

白南風の子や海見むと三輪車

腕の子といつしか睡る十三夜

風邪の子のおとぎばなしに眠りけり

泣初のはじめは息を震はせつ

風邪の子のやうやう眠る絵本かな

風邪の子のいつしか眠る絵本かな

ぬひぐるみ抱きて眠る子桜冷

編棒に子の五指現るる暮雪かな

吉井勇

今週のお題「わたしの好きな歌」
かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる 吉井勇

されば彼を畏敬して歌ふなり。

かにかくに宵の明るき白川の勇忌近きかえるで匂ふ
かにかくに宵の明るき川音の勇忌近き北山時雨
かにかくに宵の明るき川音の妓の傘たたむ北山時雨
かにかくに宵の明るき川音の妓の傘ひろぐ北山時雨
かにかくに宵の明るき川波に妓の傘ひろぐ北山時雨
かにかくに宵の明るき川波の妓の傘ひろぐ北山時雨
かにかくに宵の明るき白川の勇忌近き時雨馳せくる
かにかくに勇忌近き白川に宵の明るき時雨馳せ来ぬ

紙漉の息づく波を鎮めけり

百合剪つて前山の雨誘へり

群青忌鷹の山巓翔りけり

群青忌山巓を鷹翔りけり

群青忌山巓に鷹翔りけり

群青忌山巓を鷹統べにけり

群青忌山巓を鷹統ぶるなり

今週のお題「わたしの好きな歌」

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水

 

共鳴している。ある意味、息の合った対局というのも歌だとおもう。
live.shogi.or.jp