砺波

手庇に仰ぐ立山早稲咲けり
うたかたの水音明るし源五郎
稲穂より覗く帽子や稲を刈る
稲を刈る帽子小さし散居村
黒揚羽己の影を曳きにけり
空蝉や散居の村の夕篝
盆東風や散居の村の夕篝
白鷺は影なき鳥となりにけり
黄雀や翠や稲田畳なはる
空蝉や家散る村の夕篝
空蝉や田に散る家の夕篝
f:id:inamorato:20180813161433j:plain
畝青む奥の生家や早稲の花
畦青む奥の生家や早稲の花
鳰潜りし水面ありにけり
立山は雲の中なり稲穂波
鳰潜りしあとの水面かな
鳰潜りしあとの水音あり
浮草の名山を堰く流れかな




f:id:inamorato:20180813161440j:plain



f:id:inamorato:20180813161451j:plain



f:id:inamorato:20180813161503j:plain



f:id:inamorato:20180813161508j:plain



f:id:inamorato:20180813161524j:plain



f:id:inamorato:20180813161519j:plain



f:id:inamorato:20180813161525j:plain



f:id:inamorato:20180813161531j:plain



f:id:inamorato:20180813161538j:plain



f:id:inamorato:20180813161542j:plain



f:id:inamorato:20180813161550j:plain



f:id:inamorato:20180813161553j:plain



f:id:inamorato:20180813161601j:plain



f:id:inamorato:20180813161607j:plain



f:id:inamorato:20180813161612j:plain



f:id:inamorato:20180813161618j:plain



f:id:inamorato:20180813161624j:plain

立山や水漬きつつ稲稔りゆき
立山へ翔つ白鷺となりにけり
吾子駆くる畝の奥なる帰省かな
畝続く奥の生家や早稲の花
わが影に空蝉の影容れにけり
屈み込む影に空蝉容れにけり
揚羽蝶の瑠璃色の影地に落つる
瑠璃色の影の地にあり揚羽蝶
立山の影青鷺を歩ましむ
早稲の穂を覗く青鷺の頭
己が影曳きて舞ひけり黒揚羽
落葉松の蝉時雨
立山は雲堰く山や蝉時雨
蜻蛉つるみてとどまる稲もなし
喰ふごとく交む蜻蛉や燕岳
立山の影負ふ鷺の佇ちにけり
潜りゆく水の音のみ早稲の花
早稲の咲く中の畝ゆく墓参かな
青鷺と立山の影共にせり
まくなぎを真二つに畦歩み来る
畳なはる翠や黄色や散居村
秋燕は影なき鳥となりにけり

稲妻

伊耶那美の妻の横顔稲つるび
伊耶那美の顔持つ妻や稲光
妻の顔伊耶那美めくや稲光
稲妻や伊耶那美めける妻の顔
伊耶那美の顔の妻あり稲光
稲光伊耶那美の顔妻にあり
伊耶那美の振り向く顔や稲光
稲妻の部屋の陰影とどめおく
稲妻のコップの影を置き去りに
部屋中の影奪ひ去る稲光
ビル影の書棚照らしぬ稲光
そびらより山影部屋に稲光
そびらよりアチェベを照らす稲光
わが影の落つる原稿稲つるび
雷落つる前のしづけさ雷落ちぬ
部屋なべて金ンに縁取る稲光
稲光そびらの影を奪ひ去る
背の影を背に感じをり稲光